交通事故証明書とは

長い人生、何が起こるか分からないといいます。
その例が交通事故です。
自分が交通事故に遭うはずがないと思っていても、思いがけず遭ってしまうのです。
自分が悪い場合もありますし、相手が悪い場合もありますが、それは突然起こります。

交通事故に遭ってしまった場合、怪我をしてもしていなくても警察に届けるのが義務となっています。
交通違反を取られたくなくて、警察に届けない場合もよくあるようですが、警察に届けなければ保険を利用することができません。
自分に非があって、車の修理代や相手の治療費を支払わなければならない場合は保険を利用した方が良いので、必ず警察に届けるようにしましょう。

警察に交通事故を届けた場合、交通事故証明書というものが貰えますが、この証明書が保険の手続きに必要な書類になります。
交通事故証明書には、交通事故の発生日時、発生した場所、当事者の氏名と住所、相手の自賠責保険会社等と、証明書の番号が書かれています。
加害者も被害者も自賠責保険を利用する場合は、交通事故証明書が必要になってきますので、万が一、交通事故に遭った場合のために頭に入れておいてください。

交通事故証明書は、どこで貰えるのかというと、警察署だと思っている人が多いようですが、自動車安全運転センターで発行されます。
申請書は警察署や交番で貰える他、インターネットを利用してダウンロードすることができます。
証明書が請求できるのは当事者とその家族です。
手数料もかかりますので、申請をする前に調べるようにしましょう。